2010年第2四半期に新たに作成されたマルウェアの52%がトロイの木馬(Panda Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

2010年第2四半期に新たに作成されたマルウェアの52%がトロイの木馬(Panda Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

Panda Securityの日本法人であるPS Japan株式会社は7月2日、2010年第2四半期IT脅威レポートを発表した。レポートによると、同四半期に新たに作成されたマルウェアの52%がトロイの木馬であったという。また、従来型のウイルスが復活する傾向にあり、この半年で10ポイント上昇の24.35%となっている。感染地域のランキングは再び台湾がトップで、50%以上のコンピュータが感染している。

またレポートでは、新しくまた潜在的な危険のあるフィッシング技術「Tabnabbing」について説明している。この技術は、はユーザにGmailやHotmail、Facebookのようないつも使っているWebページ上にいると信じさせるために、最新のブラウザ上でタブブラウジングシステムを利用することでパスワード情報を盗もうとする。ログイン情報の入力後は本物のページにリダイレクトするため、被害に気づきにくいとしている。

http://pandajapanblogs.blogspot.com/2010/07/pandalabs2it-tabnabbing.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×