P2Pソフトのトラフィックを高精度で検出するソフトを開発(日立) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

P2Pソフトのトラフィックを高精度で検出するソフトを開発(日立)

株式会社日立製作所は7月1日、10Gbpsのブロードバンド上で「Winny」「Winnyp」「PerfectDark」など7種類のP2Pファイル共有ソフトのトラフィックを、平均99.78%の高精度で検知するソフトウェアを開発したと発表した。これまで検知できなかったブロードバンド上に占めるP

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日立製作所は7月1日、10Gbpsのブロードバンド上で「Winny」「Winnyp」「PerfectDark」など7種類のP2Pファイル共有ソフトのトラフィックを、平均99.78%の高精度で検知するソフトウェアを開発したと発表した。これまで検知できなかったブロードバンド上に占めるP2Pソフトのトラフィックを把握できるため、悪質なウイルスによる情報漏えいやデータの違法公開など、ネットワークセキュリティ上の問題を解決するキーテクノロジーとしての貢献が期待できるとしている。

本ソフトでは、多くのP2Pソフトが持つTCPコネクションにおける最初の1パケットの特徴を抽出する「ファースト・パケット・パスフィルタ技術」を開発した。これにより、ブロードバンド上におけるP2Pソフトのトラフィックが効率よく検知できる。また、検知精度向上のため、ディープ・パケット・インスペクション方式を採用した、高精度検知技術を開発した。今後はP2Pの検知から制御まで、一貫した対策ができるソフトウェアの実用化を目指すとしている。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/07/0701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×