ベリサインとSSTが代理店契約、SaaS型WAFの販売を開始(ベリサイン、SST) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

ベリサインとSSTが代理店契約、SaaS型WAFの販売を開始(ベリサイン、SST)

日本ベリサイン株式会社は6月30日、株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)と代理店契約を締結し、SaaS型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)サービス「Scutum」の販売を開始したと発表した。「Scutum」はSaaS型のため、導入に際しての初期コストが大き

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ベリサイン株式会社は6月30日、株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)と代理店契約を締結し、SaaS型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)サービス「Scutum」の販売を開始したと発表した。「Scutum」はSaaS型のため、導入に際しての初期コストが大きく軽減される。また稼動にあたって専任の担当者も不要なため、比較的容易に導入が可能となっている。

ベリサインは「Scutum」を販売することで、SSLサーバ証明書による通信の暗号化と企業認証によるWebサイトの信頼性の提供だけでなく、Webアプリケーションに対するセキュリティもワンストップで提供することで、より多くのニーズに応えられることを期待しているという。ベリサインは、SSTのパートナーとしてさらに連携を強化し、ユーザが求めるセキュリティ環境の構築を目指すとしている。

https://www.verisign.co.jp/press/2010/pr_20100630b.html
http://www.securesky-tech.com/topics/2010/0630n.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×