1,311名分の個人情報を記録した外付けハードディスクを紛失(岩手労働局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

1,311名分の個人情報を記録した外付けハードディスクを紛失(岩手労働局)

製品・サービス・業界動向 業界動向

厚生労働省岩手労働局は6月23日、同局管内の盛岡労働基準監督署において、個人情報を記録した外付けハードディスク(HDD)1台の紛失が判明したと発表した。これは6月8日9時頃、同HDDを使用するために所定の保管場所を確認したところ、見当たらなかったというもの。同局では捜索を続けているが、現在のところ発見には至っていない。

紛失したHDDには、盛岡労働基準監督署が労災保険給付の請求(2005年度から2010年6月まで)を受けて当該請求書などから同署が取得した個人情報の一部、当該請求に関する調査の過程において同署が取得・収集した個人情報の一部が記録されており、これには合計1,311名分の氏名、年齢、住所、電話番号、職種、傷病名、保険給付内容、所属事業場名、災害発生状況などの個人情報が含まれていたという。

http://www.iwate-roudou.go.jp/date/topics/20100623_001.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×