WinnyやShareの利用中止を求めるリーフレットを制作、配布を呼びかけ(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

WinnyやShareの利用中止を求めるリーフレットを制作、配布を呼びかけ(ACCS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は6月25日、ファイル共有ソフトの使用に関し、新しいリーフレット「WinnyやShareを使わないで!」を制作したと発表した。本リーフレットでは、WinnyやShareで「ダウンロードするだけだから大丈夫」と思っている人でも、自身の行為が違法になったり違法行為に加担する仕組みを分かりやすく解説し、WinnyやShareについては使用自体をやめるよう求めている。

リーフレットはACCSのWebサイトでPDFを提供、広く配布を求めるほか、各種イベントなどで配布する予定だという。

http://www2.accsjp.or.jp/activities/2010/news02.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×