iPhone OSデバイスの危険性を解説、iPadも「脱獄」でウイルス感染(Panda Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

iPhone OSデバイスの危険性を解説、iPadも「脱獄」でウイルス感染(Panda Security)

製品・サービス・業界動向 業界動向

Panda Securityの日本法人であるPS Japan株式会社は6月24日、iPhoneやiPadといったiPhone OSをベースにしたデバイスへのウイルス感染について、ブログで発表した。昨年、同社が検証した「iPhone/Eeki」は、Apple Storeを使うことなくAppleのアプリケーションをインストールできるように改変された(いわゆる「脱獄」された)iPhone上でのみ動作するものであった。

AppleではiPhone OSデバイスを完全なクローズドハードウェアとしているが、たとえばSafariブラウザがサポートするHTML5は今後、多くのサイバー犯罪者がセキュリティホールを探す可能性が高く、この脆弱性を突けばプラットフォームに関係なく攻撃が可能となる。また、同社では新たに発売されたiPadに対して「脱獄」を行うことで、「iPhone/Eeki」が動作可能であることを検証したという。

http://pandajapanblogs.blogspot.com/2010/06/ipad.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×