高山本線飛騨萩原駅で、個人情報を記録した売上票の紛失が判明(JR東海) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

高山本線飛騨萩原駅で、個人情報を記録した売上票の紛失が判明(JR東海)

東海旅客鉄道株式会社(JR東海)は6月7日、同社高山本線飛騨萩原駅(岐阜県下呂市萩原町)において、クレジットカードを利用した際の売上票(駅控)(以下、売上票)のうち、2010年4月分の所在が不明となっていることが判明したと発表した。同売上票は、5月1日には駅に保

製品・サービス・業界動向 業界動向
東海旅客鉄道株式会社(JR東海)は6月7日、同社高山本線飛騨萩原駅(岐阜県下呂市萩原町)において、クレジットカードを利用した際の売上票(駅控)(以下、売上票)のうち、2010年4月分の所在が不明となっていることが判明したと発表した。同売上票は、5月1日には駅に保管されていたことが確認されているが、現時点において所在不明となっており、飛騨萩原駅内で紛失したものとみられるという。

所在不明の売上票は54枚(45名分)で、これには利用者の署名、利用したクレジットカード会社の略称、下3桁が×××で表示されたクレジットカード番号、取引金額、取引内容(主な乗車券類の種別、区間等)、取引日が記載されていた。なお現時点において、同売上票に記載されていた情報が不正に利用されたとの事実は確認されていないとしている。

http://jr-central.co.jp/news/release/nws000541.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×