ガートナー社がDLP分野で「RSA DLP」をLeaders Quadrantに選出(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

ガートナー社がDLP分野で「RSA DLP」をLeaders Quadrantに選出(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社によると、米EMCのセキュリティ部門であるRSAは6月8日、ガートナー社が「2010 Magic Quadrant」においてRSAを「コンテンツ重視データ消失防止(Content-Aware Data Loss Prevention)」のLeaders Quadrantに位置付けたと発表した。これはビジョン

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社によると、米EMCのセキュリティ部門であるRSAは6月8日、ガートナー社が「2010 Magic Quadrant」においてRSAを「コンテンツ重視データ消失防止(Content-Aware Data Loss Prevention)」のLeaders Quadrantに位置付けたと発表した。これはビジョンの完全性と実行能力に基づいて、「RSA Data Loss Prevention Suite(RSA DLP)」が評価されたもの。

RSA DLPは、組織が機密データに伴うビジネス上のリスクを把握して、そのリスクを体系的に軽減するソリューション。ガートナー社はコンテンツ重視DLPテクノロジーについて、「コア機能として、保存中または移動中のデータのコンテンツを検査し、単純な通知から積極的な遮断まで、ポリシーの設定に基づいた幅広い対応策を実行できる。これを考慮するには、製品は簡単なキーワードの一致や正規表現の範囲を越える、高度な検出技術をサポートする必要がある」としている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10967
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×