空き巣により顧客2,709名分の「ご注文伝票控」が盗難(日本ケンタッキー・フライド・チキン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

空き巣により顧客2,709名分の「ご注文伝票控」が盗難(日本ケンタッキー・フライド・チキン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は6月1日、同社が運営するピザハット本牧店において5月26日未明、空き巣による盗難事件が発生したと発表した。5月31日、その後の店舗再検証の結果、盗難被害品の一部に施錠したキャビネットで保管していた顧客2,709名分の「ご注文伝票控」が含まれていることが判明した。

伝票控は、2010年2月1日から4月30日に同店を利用した顧客のもので、氏名、住所、電話番号、注文内容が記載されていた。同社では、被害が判明した時点で警察当局に通報し被害届を提出しているが、現時点では発見に至っていない。また顧客情報の不正使用の報告も受けていないとしている。

http://japan.kfc.co.jp/info/100601_ph_info.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×