Webサーバをハッキングする悪性コードに特化した情報漏えい対策サービス(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

Webサーバをハッキングする悪性コードに特化した情報漏えい対策サービス(アンラボ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社アンラボは6月7日、Webサーバをハッキングする悪性コードである「Webシェル」をリアルタイムで検知・制御する「Webシェル検知監視サービス」をリリースすると発表した。本サービスは、情報セキュリティベンダであるユーエムブイテクノロジー社が開発したWebシェル専用検知ソリューション「シェルクリーン」を、アンラボセキュリティ監視サービス「セフィニティ MSS」と組み合わせたもの。

Webシェル専用ソリューションのため、攻撃を防止するための設定などが不要で、Webシェル感染スキャン機能やリアルタイム検知機能も提供されることが特徴。短時間で行われる攻撃および痕跡の消去、再攻撃のための追加Webシェルのインストールに迅速で効果的な対応が可能となる。なお、Webシェル専門セキュリティ監視サービスが商用化されるのは、世界初となる。

http://www.ahnlab.co.jp/company/press/news_release_view.asp?seq=4955&pageNo=1&news_gu=01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×