「プレイオンラインID」のサーバが攻撃を受け、一部のユーザ情報が漏えい(スクウェア・エニックス) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

「プレイオンラインID」のサーバが攻撃を受け、一部のユーザ情報が漏えい(スクウェア・エニックス)

株式会社スクウェア・エニックスは6月4日、同社内のコンピュータが攻撃を受け、ユーザ情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。同社では攻撃の確認後ただちに対処を行い、今後情報漏えいが拡大することはないとしている。攻撃により漏えいした可能性のある情報は

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社スクウェア・エニックスは6月4日、同社内のコンピュータが攻撃を受け、ユーザ情報の一部が漏えいした可能性があると発表した。同社では攻撃の確認後ただちに対処を行い、今後情報漏えいが拡大することはないとしている。攻撃により漏えいした可能性のある情報は、「プレイオンラインID」に関するID、パスワード、その他登録情報の一部だという。なお、クレジットカード情報等の信用情報は漏えいしていないとしている。

同社では、漏えい情報の不正使用防止のため、対象となったユーザのプレイオンラインパスワードを変更し、登録された住所へ新しいプレイオンラインパスワードを郵送したという。

http://www.playonline.com/home/polnews/news19198.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×