偽セキュリティソフトの感染被害が増加、5月の脅威傾向レポート発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

偽セキュリティソフトの感染被害が増加、5月の脅威傾向レポート発表(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は6月3日、2010年5月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、5月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,403件で、4月の1,533件から減少した。感染報告数ランキングでは、5月に感染被害が増加した偽セキュ

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は6月3日、2010年5月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。レポートによると、5月の不正プログラム感染被害の総報告数は1,403件で、4月の1,533件から減少した。感染報告数ランキングでは、5月に感染被害が増加した偽セキュリティソフト「TROJ_FAKEAV」と「HTML_FAKEAL」がランクインしている。偽セキュリティソフトは、コンピュータがウイルスに感染していないにも関わらず、偽の警告でユーザの恐怖心を煽り、問題を解決するには有償版を購入する必要があるというメッセージを表示して金銭を騙しとろうとする。偽セキュリティソフトの購入時に利用したクレジットカードのIDやパスワード情報が悪用されるケースもあるという。

侵入のきっかけには、SNSのログインパスワードの変更と偽ったスパムメールに添付されたファイルを実行した例や、ガンブラー攻撃で最終的にダウンロードされた事例が報告されている。また、5月には新たにマイクロソフトの無償セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」に見せかけた偽セキュリティソフトが発見された。5月の感染報告数ランキングは、1位が「WORM_DOWNAD(39件)」、2位が「MAL_HIFRM(33件)」、3位が「MAL_OTORUN(30件)」、4位が「TROJ_FAKEAV(18件)」、5位が「HTML_FAKEAL」および「BKDR_AGENT」(ともに16件)となっている。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20100602084257.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×