中規模組織セキュリティニーズ調査、約80%が「検知」と「防止」が最重要(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

中規模組織セキュリティニーズ調査、約80%が「検知」と「防止」が最重要(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社によると、米EMCのセキュリティ部門であるRSAは6月2日、中規模企業でのログ管理業務における優先事項を調査した結果を発表した。ひとつめの調査はSANS Instituteが実施し、従業員2,000人未満の中小規模組織に焦点をあてた「SANS第6回年次ログ管理調査報告(SANS Sixth Annual Log Management Survey Report)」からデータをサンプリングしたもの。これによると、ログ管理ソリューションのユーザが最も重要視するのは規制要件やコンプライアンスではなく、約80%が「検知」と「防止」を挙げた。

また、RSAが50社の中規模組織を対象に行ったもうひとつの調査(Security Information and Event Management: Expectations for Mid-sized Organizations)でも、セキュリティ情報とイベント管理(SIEM: Security Information and Event Management)に関わるユーザは、SIEMソリューションの主な用途として約89%が「セキュリティオペレーション」の機能を挙げている。同社ではこれらの結果から、中規模組織のセキュリティニーズが高度化し、ログ管理システムにさらなる価値が求められているとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10961
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×