「一太郎」の脆弱性に対する標的型攻撃への注意喚起を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

「一太郎」の脆弱性に対する標的型攻撃への注意喚起を発表(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は6月2日、株式会社ジャストシステムが6月1日に公開した「一太郎」関連製品の脆弱性について、この脆弱性を悪用したコンピュータウイルスが4月21日に確認されたとの情報があるとして注意喚起を発表した。また、同社が4月12日に公開した脆弱性においても、引き続きウイルスへの注意が必要としている。

これらの脆弱性が悪用されると、巧妙に細工した一太郎文書ファイルを開くことで一般ユーザのPCが攻撃者に制御される可能性がある。「一太郎シリーズ」は、業務文書などで利用している組織も多く、攻撃者によって信頼しがちな組織名が騙られ、業務に関係があるかのようなメール(標的型攻撃)が送付された場合、添付された一太郎文書をウイルスと気付かずに開いてしまう可能性も高くなるとしている。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20100419.html
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20100602.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×