「社内PCのマルウェア感染調査に協力を」日本語ウイルスメールを確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

「社内PCのマルウェア感染調査に協力を」日本語ウイルスメールを確認(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月1日、マルウェアが添付された日本語のメールに関する報告を複数受け取っているとして、注意喚起を発表した。このメールは、社内PCのマルウェア感染調査を騙り、ユーザに添付ファイルを開くように促すもの。ユーザがこのメールに添付されたファイルを展開、実行すると、PCにマルウェアがインストールされる危険性がある。

JPCERT/CCで確認しているメールは、【「緊急」社員全員の参加でVIRUS・悪性スクリプト用ファイルの調査メール】という件名で、本文には「添付したマニュアルに従って、社内PC上にVIRUSがあるかどうか調査を行います。皆さんのご協力が必要です。よろしくお願いします!」といった内容が含まれている。また添付ファイル名は「Virus Check.zip」であったという。JPCERT/CCでは、たとえメール本文が日本語であっても、安易に添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2010/at100013.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×