「一太郎」に攻撃者からコンピュータを完全に制御される脆弱性(ジャストシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

「一太郎」に攻撃者からコンピュータを完全に制御される脆弱性(ジャストシステム)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ジャストシステムは6月1日、同社の「一太郎」関連製品に脆弱性の存在が確認されたとして、この問題の影響を受ける製品と対策方法、回避策を発表した。この脆弱性は該当製品の文字属性の処理部分に存在する。この脆弱性の悪用を目的に改ざんされた文書ファイルを直接開いたり、悪意のあるサイトへのリンクをクリックするなどによりそのサイトに埋め込まれた文書ファイルを意図せず開いてしまった場合に、悪意のあるプログラムをローカルディスクに保存しようとする。

この攻撃により、悪意のある第三者によってコンピュータを完全に制御され、不正プログラムのインストール、データの変更や削除などシステム管理者権限でコンピュータを任意に操作される可能性がある。この脆弱性が確認されているのは、「一太郎2004〜2009」「一太郎ガバメント2006〜2009」「ジャストスクール」「ジャストスクール2009」。同社では脆弱性を解消するアップデートモジュールを公開し、適用するよう呼びかけている。

http://www.justsystems.com/jp/info/js10002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×