検針業務の委託会社、個人情報が記載された水道メータの点検票を紛失(東京都水道局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

検針業務の委託会社、個人情報が記載された水道メータの点検票を紛失(東京都水道局)

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京都は5月21日、水道局が検針業務を委託している株式会社ジェネッツ西原営業所が、水道メータの「点検票」を紛失したと発表した。これは5月20日、渋谷区内で45枚の点検票の紛失に気づいたというもの。16時45分頃に現場である渋谷区西原周辺を捜索したが発見できなかったという。

点検票とは、検針業務を委託している会社において、定期の検針時に使用水量の変化や漏水の疑いがある場合等に、後日再度調査を行う時に現場で確認するためのもの。顧客の水道所在地、氏名、電話番号、使用水量などが主な記載内容だという。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/05/20k5o200.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×