重要文書を外部に持出す際の証跡、保存管理を行えるソリューション(日立システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

重要文書を外部に持出す際の証跡、保存管理を行えるソリューション(日立システム)

株式会社日立システムアンドサービスは5月25日、金融機関などの企業向けに文書の持出管理やセキュリティ強化を実現するソリューション「ラビニティ 持出管理ソリューション」を5月26日より販売開始すると発表した。本ソリューションは、文書管理システム「ラビニティ」シ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立システムアンドサービスは5月25日、金融機関などの企業向けに文書の持出管理やセキュリティ強化を実現するソリューション「ラビニティ 持出管理ソリューション」を5月26日より販売開始すると発表した。本ソリューションは、文書管理システム「ラビニティ」シリーズをベースとしたもの。「ラビニティ」で保管する重要文書が、適切な承認を得て持出されて返却されるまでの台帳管理を徹底するとともに、持出管理業務において約50%のコスト削減を実現する。

持出しの承認業務に必要なフローをシステム化することで、適正な承認ルートで承認処理を行ったことを証跡として残し、持出し時や返却時の属性情報を保存管理することが可能。履歴情報は検索画面から複数条件を組み合わせて検索できるため、監査時や棚卸し時の承認履歴チェック作業を効率よく行える。また、電子ファイルで持出しをする場合には、パスワードや印刷不可設定などのセキュリティを付与したPDFファイルに変換できるため、情報漏えいのリスクを軽減できる。

http://www.hitachi-system.co.jp/press/2010/pr100525.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×