金融先物取引業協会の「報告書管理システム」に3つのサービスを提供(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

金融先物取引業協会の「報告書管理システム」に3つのサービスを提供(日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本ベリサイン株式会社は4月27日、社団法人 金融先物取引業協会が会員向けに提供する「報告書管理システム」においてASP型の認証局を構築し、電子証明書の発行を行うサービス「ベリサイン マネージドPKI」、SSLサーバ証明書「EV SSL証明書」、電子メール用電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の3つのサービスによるマルチプロテクションを提供したと発表した。

報告書管理システムは、同協会の所属会員がインターネットを通じて各種報告を行うもので、会員から報告を受ける機会が増加したことを受け、今年3月に同協会会員・特別参加者専用サイトに新設された。構築にあたっては、コストダウンを実現すべく専用線を用いないWebベースとすること、会員に対してセキュアな電子報告機能を提供することという要請があった。日本ベリサインは3つのサービスにより、会員が報告を安心して行える環境を実現したとしている。

https://www.verisign.co.jp/press/2010/pr_20100427.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×