Oracleが4月度のアップデートを公開、Sun製品を合わせ47件の脆弱性に対応(Oracle) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

Oracleが4月度のアップデートを公開、Sun製品を合わせ47件の脆弱性に対応(Oracle)

米Oracle社は4月13日、2010年4月度の「Oracle Critical Patch Update Advisory(CPU)」を公開した。同社では四半期ごとにCPUを公開している。今回のCPUでは合計47件の脆弱性に対応するものとなっており、これには同社が買収したSun Microsystems製品も含まれている。な

製品・サービス・業界動向 業界動向
米Oracle社は4月13日、2010年4月度の「Oracle Critical Patch Update Advisory(CPU)」を公開した。同社では四半期ごとにCPUを公開している。今回のCPUでは合計47件の脆弱性に対応するものとなっており、これには同社が買収したSun Microsystems製品も含まれている。なお、CPUの日本語情報は4月16日に公開される予定だ。

今回のCPUでは、「Oracle Database」関連7件、「Oracle Fusion Middleware」関連5件、「Oracle Collaboration Suite / Beehive Collaboration Software」関連1件、E-Business Suite / Application」関連8件、「Oracle PeopleSoft Enterprise / JD Edwards EnterpriseOne」関連4件、「Oracle Industry Suite」関連6件、「Oracle Sun Products Suite」関連16件の脆弱性に対応する。

http://www.oracle.com/technology/deploy/security/critical-patch-updates/cpuapr2010.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×