HIRT、XMAP3においてWebブラウザが異常終了する問題を公開(日立) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

HIRT、XMAP3においてWebブラウザが異常終了する問題を公開(日立)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社 日立製作所のHIRTは4月12日、ソフトウェアセキュリティ情報として「HS10-004:XMAP3におけるWebブラウザが異常終了する問題」を公開した。これは、XMAP3/Webがインストールされている環境で、Internet Explorerが異常終了したり、任意のコードが実行される可能性があるというもの。また、XMAP3/NET、XMAP3/Enterprise Editionで提供しているWebシステム向け開発機能「Web ブラウザテスト」にも、同様の問題が存在する。

影響を受けるバージョンは、「XMAP3/Web Version 4」のWindows版「04-00〜04-10-/D」、「XMAP3/Web for CosminexusのWindows版「04-05〜04-10-/D、05-00〜05-03」およびLinux版「05-00〜05-02」、「XMAP3/NET Version 4」のWindows版「04-00〜04-10-/C」、「XMAP3/Enterprise Edition Version 4」のWindows版「04-00〜4-10-/C」。それぞれ対策版が提供されており、適用を呼びかけている。

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/security/info/vuls/HS10-004/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×