「一太郎シリーズ」に任意のコードを実行される脆弱性(IPAほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

「一太郎シリーズ」に任意のコードを実行される脆弱性(IPAほか)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月12日、株式会社ジャストシステムが提供する日本語ワープロソフト「一太郎シリーズ」における脆弱性に関する注意喚起を発表した。同ソフトには、文書ファイルを読みこむ際に、任意のコードを実行される脆弱性が存在する。この脆

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月12日、株式会社ジャストシステムが提供する日本語ワープロソフト「一太郎シリーズ」における脆弱性に関する注意喚起を発表した。同ソフトには、文書ファイルを読みこむ際に、任意のコードを実行される脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると同ソフトがインストールされたコンピュータ上で、任意のコードが実行される可能性がある。

具体的には、同ソフトのユーザがWebブラウザやメール経由で細工された文書ファイルを閲覧した場合に、不正プログラムをインストールされる、データを変更・削除される可能性がある。特に、Webブラウザで閲覧した場合、Webブラウザの種類や設定によっては、ダウンロード後に開くといった操作を行わなくても、悪意あるURLにアクセスするだけで被害を受ける可能性がある。結果として、コンピュータを悪意あるユーザによって制御される可能性がある。なお、ジャストシステムでは同ソフトの脆弱性を解消した最新バージョンを提供しており、バージョンアップすることで対策できる。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20100412.html
http://jvn.jp/jp/JVN98467259/
http://www.justsystems.com/jp/info/js10001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×