2,048bitのサーバ証明書を発売、サポートや価格は1,024bit版から据え置き(サイバートラスト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

2,048bitのサーバ証明書を発売、サポートや価格は1,024bit版から据え置き(サイバートラスト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

サイバートラスト株式会社は4月5日、2,048bitのRSA鍵長を有するサーバ証明書「SureServer[2048bit]」の販売を同日より販売を開始したと発表した。また、暗号2010年問題に対応するため、既存の1,024bitの証明書は従来通り「SureServer」という名称で販売を継続する。「SureServer[2048bit]」は、複数のSSLサーバ証明書の有効期間合わせや、事前に審査を行うことで顧客自らSSLサーバ証明書を発行できる管理ツール「SureHandsOn」などの各種付加サービスが従来の「SureServer」と同様に受けることができるほか、価格も有効期間6ヶ月で52,500円から(税込)と、同じ設定を実現した。

https://www.cybertrust.ne.jp/ssl/news/100405.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×