京都銀行で1,057件の個人情報記載資料の紛失が判明、一斉点検作業で(京都銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

京都銀行で1,057件の個人情報記載資料の紛失が判明、一斉点検作業で(京都銀行)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社 京都銀行は3月29日、個人情報が記載された資料の紛失が判明したと発表した。これは、同行による自主的な一斉点検作業により判明したもの。紛失が判明したのは、法人設立年月日未登録一覧2冊、個人生年月日未登録先一覧2冊、伝票綴り1冊。

法人設立年月日未登録一覧には14件、個人生年月日未登録先一覧には943件の顧客名、顧客番号、住所、金額などが記載されており、伝票綴りには100件の顧客名、口座番号、金額などが記載されていた。同行では内部調査の結果、誤って廃棄した可能性が高く、外部への情報の流出懸念は極めて低いとしており、本件に関する外部からの照会や同行に対する不正要求など、問題となる事象は生じていないとしている。

http://www.kyotobank.co.jp/news/data/20100329_405.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×