ゆうちょ銀行、3店舗で合計約94,000件の個人情報記載資料の紛失が判明(ゆうちょ銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

ゆうちょ銀行、3店舗で合計約94,000件の個人情報記載資料の紛失が判明(ゆうちょ銀行)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社 ゆうちょ銀行は3月26日、同行の3店舗において顧客情報の紛失が判明したと発表した。同行では内部調査の結果、店内で誤って廃棄したと考えられ、また、記録された情報は暗号化されていることから、外部への情報漏えいの懸念は極めて低いとしている。中原店(さいたま支店 中原出張所)では、2003年11月から2004年3月までの取引内容を記録した端末機のジャーナル(フロッピーディスク)1枚を紛失しており、これには積立郵便貯金の預入約1,800名の口座の記号番号、取引金額が含まれていた。

また新潟中店(長野支店 新潟中出張所)では、2001年10月から2007年11月までの取引内容を記録した端末機のジャーナル(フロッピーディスク)11枚を紛失しており、これには積立郵便貯金の預入約1,400名の口座の記号番号、取引金額が含まれていた。さらに高槻店(大阪支店 高槻出張所)では、2004年1月から2006年12月までの取引内容を記録した端末機のジャーナル(ハードディスク)3個を紛失しており、これには積立郵便貯金の預入約90,700名の口座の記号番号、取引金額が含まれていた。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2010/abt_prs_id000520.html
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2010/abt_prs_id000519.html
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/press/2010/abt_prs_id000518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×