Red Hat Enterprise Linux 5.5を提供開始、最新CPU対応で集約度を向上(レッドハット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

Red Hat Enterprise Linux 5.5を提供開始、最新CPU対応で集約度を向上(レッドハット)

レッドハット株式会社は3月31日、同社の仮想化とクラウドコンピューティング戦略の基盤となる製品であるLinux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.5」を同日より提供開始したと発表した。価格は従来と同様で、サブスクリプションの有効期間内のユーザは無償でアップ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
レッドハット株式会社は3月31日、同社の仮想化とクラウドコンピューティング戦略の基盤となる製品であるLinux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.5」を同日より提供開始したと発表した。価格は従来と同様で、サブスクリプションの有効期間内のユーザは無償でアップグレードできる。最新版では、Intel Nehalem EX、AMD Opteron 6000 Series、IBM Power 7などの最新プロセッサをサポートした。これにより、最新プロセッサ搭載サーバにおいて性能やコストパフォーマンス、信頼性が向上するほか、仮想化機能との組み合わせることで、より高い集約度でのサーバ統合が可能になる。

また、仮想マシンの共通APIである「libvirt」がサポートできるゲスト数を256以上に拡張しスケーラビリティを向上するとともに、SR-IOV(Single Root I/O Virtualization)による10Gbitのネットワークカードのサポートを追加、大規模な仮想化環境への対応を強化した。さらに、SambaのアップデートによってMicrosoft Windows 7の相互運用性を向上させ、クロスプラットフォームでのファイルシステム管理の簡素化を実現した。

http://www.jp.redhat.com/news_releases/2010/03312010.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×