Webkitベースの複数のWebブラウザに整数オーバーフローの脆弱性(Neohapsis) | ScanNetSecurity
2021.04.19(月)

Webkitベースの複数のWebブラウザに整数オーバーフローの脆弱性(Neohapsis)

Neohapsisによると、Goatse Security labsがSafariをはじめとするWebkitベースの複数のWebブラウザに2種類の脆弱性が存在すると発表した。ひとつは、整数オーバーフローによりブラウザ上でシェルコードを実行されるというもの。もうひとつはXHR(XMLHttpRequest)を利用

製品・サービス・業界動向 業界動向
Neohapsisによると、Goatse Security labsがSafariをはじめとするWebkitベースの複数のWebブラウザに2種類の脆弱性が存在すると発表した。ひとつは、整数オーバーフローによりブラウザ上でシェルコードを実行されるというもの。もうひとつはXHR(XMLHttpRequest)を利用したXPS/IPE攻撃と呼ばれる手法によりブラウザのポートブロック機能を回避されるというもの。

XPS/IPE攻撃と呼ばれる手法では、辞書攻撃と併用してブラウザ上でメール機能を呼び出すため、システムへの不正アクセスやスパムメール送信のリレーに悪用される可能性がある。脆弱性はWebkitに存在するため、これをベースとしたブラウザが影響を受ける可能性がある。具体的には、Mac OS XおよびiPhone/iPod、iPad上で動作するSafari、Arora、iCab、OmniWeb、Stainlessなどが影響を受ける。なお、Google Chromeでは本脆弱性の影響を受けないことが確認されている。

http://archives.neohapsis.com/archives/bugtraq/2010-03/0187.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×