49件の滞納者の個人情報を記載した台帳を紛失、盗難の可能性も(武蔵野市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

49件の滞納者の個人情報を記載した台帳を紛失、盗難の可能性も(武蔵野市)

製品・サービス・業界動向 業界動向

東京都武蔵野市は3月17日、市税滞納者名寄台帳全142冊中3冊の紛失が判明したと発表した。この台帳は、市税の滞納整理を行うために滞納状況や催告書等の送付状況、その他滞納整理に必要とされる事項を記録しているもので、3月1日に紛失が判明した。同台帳には、滞納者49名(法人を含む)の住所、氏名、滞納状況、催告書等の送付状況、その他滞納整理に必要とされる事項が記載されていた。

同市では現在のところ、庁舎外への持ち出しや個人情報が流出したという事実は確認されていないとしており、また今後も紛失した台帳3冊の捜索を続けるとともに、盗難の可能性もあることから武蔵野警察署へ盗難届を3月10日に提出したという。

http://www.city.musashino.lg.jp/cms/news/00/01/35/00013580.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×