公共団体向けクライアント仮想化ソリューションをワンストップで提供(日立GP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

公共団体向けクライアント仮想化ソリューションをワンストップで提供(日立GP)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日立公共システムエンジニアリング株式会社は3月15日、株式会社2Xアルファ・ソリューションズが提供するシンクライアント製品販売のパートナー契約を締結し、同日よりクライアント仮想化ソリューションを公共団体向けに提供開始すると発表した。本ソリューションは、低価格でクライアント仮想化システムを導入できることが特徴。このため、これまでコストを理由に導入に踏み切れなかった公共団体において、情報漏洩事故を防止することが可能となる。

本ソリューションでは、ソフトウェア「2X Application Server for Windows Terminal Services エンタープライズ版」(2サーバライセンスを含み816,900円)、指紋認証付きUSB規格デバイス「2XポータブルFP」(5個セットで135,450円)、ソフトウェアサポートサービスやクライアント仮想化環境構築サービス、年間稼働維持サービスで構成され、同社が計画・設計から構築までワンストップで提供する。

http://www.gp.hitachi.co.jp/newsrelease/100315_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×