電池内蔵で厚さ3mmを切るハンズフリー型入退室管理ソリューションを開発(日立、NTTコムウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

電池内蔵で厚さ3mmを切るハンズフリー型入退室管理ソリューションを開発(日立、NTTコムウェア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)と株式会社日立製作所(日立)は3月11日、入退室におけるセキュリティや利便性の向上を支援する「ハンズフリー型入退室管理システムソリューション」を共同開発したと発表した。本ソリューションは、より薄型で携帯しやすいタグにして欲しいという利用者ニーズが高いことや、カード型タグ発行時の券面印刷作業について効率化が可能な形状とする必要があることを受けて開発されたもの。

NTTコムウェアの仕様検討をもとに、日立が開発した業界初となる厚さ3mmを切るカード型セミアクティブRFIDタグ、新型「AirLocation MJタグ」を活用し、共同でシステム開発を行ったことにより実現したもの。両社は今後、本ソリューションをNTTコムウェア全国17拠点3万ユーザの全事業所における入退室管理システムとして導入推進するほか、安心・安全が求められる場所への適用など、さまざまな業種に提供していくという。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/03/0311b.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×