20万件近い個人情報を記録した業務用PCが盗難被害に(インプレスホールディングス) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

20万件近い個人情報を記録した業務用PCが盗難被害に(インプレスホールディングス)

株式会社インプレスホールディングスは2月12日、同社従業員が業務に使用していたノートPCの盗難事故が発生したと発表した。これは1月29日、同従業員が帰宅途中、業務に使用しているノートPCの盗難被害に遭ったというもの。盗難されたPCには、同社の取引先などの企業情報

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社インプレスホールディングスは2月12日、同社従業員が業務に使用していたノートPCの盗難事故が発生したと発表した。これは1月29日、同従業員が帰宅途中、業務に使用しているノートPCの盗難被害に遭ったというもの。盗難されたPCには、同社の取引先などの企業情報226,317件が記録されており、これには197,907件の個人情報が含まれていたという。

個人情報の内訳は、記録されていた情報の種別により異なるが、氏名、住所、電話番号のほか、ファックス番号、メールアドレス、会社名、部署名、お取引金融機関の口座番号が含まれている可能性がある(クレジットカード番号は含まれていない)。すでに所轄の警察署に被害届けを提出しているが、現在のところ発見には至っていない。なお、記録されたデータにアクセスするためには、IDとパスワード入力が必要な設定を施している。

http://www.impressholdings.com/notice/02_info.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×