ソフトウェア管理の徹底を呼びかけるダイレクトメールを発送(ACCS) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

ソフトウェア管理の徹底を呼びかけるダイレクトメールを発送(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2月8日、全国の一般企業約12,300社の経営者に対し、社内での違法コピーを防止するため、ソフトウェア管理の徹底を呼びかけるダイレクトメールを発送したと発表した。これは、ACCSの活動のひとつである企業や団体で

製品・サービス・業界動向 業界動向
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2月8日、全国の一般企業約12,300社の経営者に対し、社内での違法コピーを防止するため、ソフトウェア管理の徹底を呼びかけるダイレクトメールを発送したと発表した。これは、ACCSの活動のひとつである企業や団体でのソフトウェアの不正使用対策の一環として行ったもの。

ダイレクトメールには、違法コピーのリスクとソフトウェア管理手順の簡単な説明を紹介するリーフレットのほか、経営者に違法コピーのリスクとソフトウェア管理の重要性を理解してもらうためのガイドブック「経営者のための違法コピー防止ガイド」を同封している。今回のダイレクトメール発送により、多くの経営者がソフトウェア管理をより徹底することを狙う。

http://www2.accsjp.or.jp/activities/2009/activities75.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×