修理で預かった顧客情報が記録されたUSBメモリを紛失(ヤマダ電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

修理で預かった顧客情報が記録されたUSBメモリを紛失(ヤマダ電機)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ヤマダ電機は2月2日、同社テックランド札幌本店において顧客から修理依頼で預かったUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。同USBメモリは、PCに挿入しても認識しなくなったため修理に出されたもの。修理を依頼した顧客によると、同USBメモリには車検証の写し約50枚分、見積書約10枚分、請求書約10枚分のデータが記録されていたという。

同社では経済産業省に報告するとともに同USBメモリの捜索を続けているが、現在のところ発見には至っていない。また、PCで認識しないことが同社でも確認しているため、同メモリから情報を取り出され悪用される可能性は事実上きわめて低いとしている。

http://www.yamada-denki.jp/information/pdf/100202.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×