ハードウェアレベルでの暗号化を実現したセキュリティUSBメモリを発売(グリーンハウス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

ハードウェアレベルでの暗号化を実現したセキュリティUSBメモリを発売(グリーンハウス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社グリーンハウスは2月8日、暗号化機能とPCロック機能を搭載したセキュリティUSBフラッシュメモリ「PicoDrive Secure」シリーズを2月中旬より発売すると発表した。本製品は、コントローラにデータ暗号化エンジンを搭載し、すべてのデータをAES256bitで暗号化する。あらかじめパスワードを設定しておくことで紛失や盗難の際に中身を参照される心配がなく、たとえ本製品を分解して別基板に組み込んだとしても、データは参照できない。

また、本製品をキーとしてPCをロックする機能や、USBフラッシュメモリを介して感染する「Autorunウイルス」をチェックする機能、メモリ内のデータを参照するだけの「リードオンリー」機能、パスワードを忘れてしまった場合に、メモリを初期状態に戻すことができる「デバイス初期化機能」などを搭載した。2GB、4GB、8GB、16GBの4製品がラインアップされる。価格はオープンプライス。

http://www.green-house.co.jp/products/memorycard/usbflash/ufd_sr/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×