Google、サイバー攻撃からの保護目的でNSAに協力 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Google、サイバー攻撃からの保護目的でNSAに協力

製品・サービス・業界動向 業界動向

ワシントンポスト他複数の海外メディアによれば、Googleがサイバー攻撃からの保護を目的にNSA(National Security Agency:国家安全保障局)へ協力すると発表した。世界で最も大きい検索会社と最も強力な電子監視組織がサイバーセキュリティの名の下に協力したと報じている。まだ協定は最終合意に至っていないが、Googleは中国をはじめとするコンピュータネットワークが標的とする有名企業へのスパイ活動攻撃を分析し、今後発生しうる攻撃からGoogleおよびそのユーザを守るという。

ただし、情報提供者によると今回の協力は、Googleユーザの検索結果やメールアカウントの内容といったGoogleが占有するデータをNSAが閲覧、共有するといったものではないという。しかし、どの程度のレベルで情報共有がなされるのかは問題であり、NSAのEllen McCarthy氏も「最適な方法を探す」とコメントしている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×