Google、サイバー攻撃からの保護目的でNSAに協力 | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

Google、サイバー攻撃からの保護目的でNSAに協力

ワシントンポスト他複数の海外メディアによれば、Googleがサイバー攻撃からの保護を目的にNSA(National Security Agency:国家安全保障局)へ協力すると発表した。世界で最も大きい検索会社と最も強力な電子監視組織がサイバーセキュリティの名の下に協力したと報じてい

製品・サービス・業界動向 業界動向
ワシントンポスト他複数の海外メディアによれば、Googleがサイバー攻撃からの保護を目的にNSA(National Security Agency:国家安全保障局)へ協力すると発表した。世界で最も大きい検索会社と最も強力な電子監視組織がサイバーセキュリティの名の下に協力したと報じている。まだ協定は最終合意に至っていないが、Googleは中国をはじめとするコンピュータネットワークが標的とする有名企業へのスパイ活動攻撃を分析し、今後発生しうる攻撃からGoogleおよびそのユーザを守るという。

ただし、情報提供者によると今回の協力は、Googleユーザの検索結果やメールアカウントの内容といったGoogleが占有するデータをNSAが閲覧、共有するといったものではないという。しかし、どの程度のレベルで情報共有がなされるのかは問題であり、NSAのEllen McCarthy氏も「最適な方法を探す」とコメントしている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×