募金登録者65名の個人情報が2年近くアクセス可能な状態に(国連WFP協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

募金登録者65名の個人情報が2年近くアクセス可能な状態に(国連WFP協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会(国連WFP協会)は1月27日、同協会に登録された募金者の個人情報を記録したファイルの一部がインターネットからアクセス可能な状態にあったことが判明したと発表した。これは、同協会が業務委託しているシステム会社の不手際によるもので、同日中にアクセスを不可能にする処置を講じている。アクセス履歴によると、一部の情報へのアクセスが2件確認されたが、現在のところ不正利用は確認されていない。

アクセス可能な状態にあった情報は、2008年1月11日から2009年12月27日までの期間に、同協会のWebサイトから「イーバンク・マンスリー募金」に登録した募金者65件の個人情報で、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、口座番号などが含まれていた。これらの情報が、2008年1月11日から2010年1月21日までアクセス可能な状態にあったという。

http://www.wfp.or.jp/kyokai/pdf/JAWFP_statement_20100127.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×