1月度の脅威トップ10のうち7件を「緊急」の脅威が占める(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

1月度の脅威トップ10のうち7件を「緊急」の脅威が占める(フォーティネットジャパン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フォーティネットジャパン株式会社は2月3日、2010年1月度の「フォーティネットウイルス対処状況レポート」を発表した。2009年12月21日から2010年1月20日までの同社FortiGateネットワークセキュリティアプライアンスとインテリジェンスシステムが検知した情報をもとに作成された「脅威トップ10」では、10位までのうち7件を「緊急」が占め、新規の脅威「Gumblar.Botnet」が1位となっている。

FortiGuard IPSが新たに追加した脆弱性の合計は150件で、この22.7%にあたる34件は積極的な攻撃を仕掛けたことが報告されている。最新マルウェアの変種トップ10では、「W32/PackBredolab.C!tr」がランク外から1位となり、新種の「W32/PackBredolab.D!tr」「W32/AutoRun.BBC!worm」がぞれぞれ2位、3位となった。また、マルウェア変種の数量では日本が2位となっている。活動の要約では、コードネーム「Aurora」がグーグルを含む何社かを標的にした攻撃を取り上げている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2010/pr020310.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×