アニメーションを無断上映していたインターネットカフェを捜索(ACCS) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

アニメーションを無断上映していたインターネットカフェを捜索(ACCS)

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の1月26日の発表によると、千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と市川署は1月26日、権利者に無許諾でアニメーションを上映していたとして、インターネットカフェ「まんがランド本八幡店」他3カ所を著作権法違反(

製品・サービス・業界動向 業界動向
 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の1月26日の発表によると、千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と市川署は1月26日、権利者に無許諾でアニメーションを上映していたとして、インターネットカフェ「まんがランド本八幡店」他3カ所を著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで捜索した。

 被疑者は、2010年1月13日頃から同月15日頃までの間、3回にわたり店内において、株式会社サンライズが著作権を有するアニメーション「機動戦士ガンダム 第1話 ガンダム大地に立つ!!」、株式会社小学館集英社プロダクションが著作権を有するアニメーション「『メジャー MAJOR・第1シリーズ・1st.Inning』(第1話 吾郎の夢、おとさんの夢)」、東映アニメーション株式会社が著作権を有するアニメーション「TVシリーズ用アニメーション『ドラゴンボール』第1話『ブルマと孫悟空』」を、客2人に対しPCを通じて上映し、著作権を侵害していた疑いが持たれているという。

ACCS:アニメーションを無断上映、インターネットカフェを捜索
http://www2.accsjp.or.jp/criminal/2009/0914.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×