複合脅威システムが56Gbpsの画期的なIPv6パフォーマンスを達成(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

複合脅威システムが56Gbpsの画期的なIPv6パフォーマンスを達成(フォーティネット)

 フォーティネットジャパン株式会社は1月22日、米Fortinet社による「IPv6セキュリティスループットにおける飛躍的進歩」を発表した。発表によると、筐体ベースの複合脅威システム「FortiGate-5140」が、56GbpsのIPv6スループットという画期的なIPv6パフォーマンスを達成

製品・サービス・業界動向 業界動向
 フォーティネットジャパン株式会社は1月22日、米Fortinet社による「IPv6セキュリティスループットにおける飛躍的進歩」を発表した。発表によると、筐体ベースの複合脅威システム「FortiGate-5140」が、56GbpsのIPv6スループットという画期的なIPv6パフォーマンスを達成し、ネットワークセキュリティ処理における新たな業界ベンチマークを確立したという。

 これは、複数の10GbEインタフェースを持つBreakingPoint Elite弾力性テスト筐体を使用したベンチマークで立証されたもの。今回の結果は、「FortiGate-5000」シリーズ・ブレードおよびADM追加モジュールのセキュリティ処理の高速化にする「FortiASIC テクノロジー」がベースになっている。 同社のCTO(最高技術責任者)であるマイケル・ジーは、「セキュリティ・パフォーマンスの高速化に専用ASICを使用するというアプローチは、IPv6オンラインへシームレスに移行するのに必要な処理スピードを提供することにおいて強みとなる。」と述べている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2010/pr012210.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×