仮想・物理サーバ双方を守る総合サーバセキュリティソリューション(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

仮想・物理サーバ双方を守る総合サーバセキュリティソリューション(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は1月21日、都内で記者発表会を行い、新しいサーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」を3月1日より受注開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は1月21日、都内で記者発表会を行い、新しいサーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」を3月1日より受注開始すると発表した。

 同ソリューションは、サーバを攻撃から守る「Deep Security エージェント」、仮想サーバ特有の脅威からサーバを守る「Deep Security Virtual Appliance」、管理ツール「Deep Security マネージャ」で構成。

 Deep Security エージェントは、サーバのセキュリティに求められる5つの機能(IDS/IPS、Webアプリケーション プロテクション、ファイアウォール、改ざん検知、セキュリティログ監視)を実装、物理サーバ・仮想サーバに適切なセキュリティ対策を施すことができる。

 Deep Security Virtual Applianceは、仮想サーバのホストOSにインストールすることで各ゲストOSを守り、IDS/IPS、Webアプリケーション プロテクション、ファイアウォールの機能を提供。

 Deep Security マネージャでは、複数のDeep Security エージェントおよびDeep Security Virtual Applianceの集中管理を行う。

 契約初年度の標準価格は、Deep Securityエージェントが84,000円(税抜、1物理サーバ、仮想マシンあたり)、Deep Security Virtual Applianceが230,000円(税抜、1CPUソケットあたり(8コアまで))、Deep Securityマネージャが2,375,000円(税抜、1管理サーバあたり)。同ソリューションによる今後一年間の販売目標は4億円。

http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20100119062809.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×