ダウンロード制限などを追加したWebフィルタリングソフトの新バージョン(キヤノンITソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

ダウンロード制限などを追加したWebフィルタリングソフトの新バージョン(キヤノンITソリューションズ)

 キヤノンITソリューションズ株式会社は1月20日、情報漏えい対策機能を強化したWebフィルタリングソフトの新バージョン「WEBGUARDIAN Ver3.5」を1月26日より販売開始すると発表した。販売価格は、25ユーザからの一般向けライセンスの新規通常価格が15万円から、新規乗換

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 キヤノンITソリューションズ株式会社は1月20日、情報漏えい対策機能を強化したWebフィルタリングソフトの新バージョン「WEBGUARDIAN Ver3.5」を1月26日より販売開始すると発表した。販売価格は、25ユーザからの一般向けライセンスの新規通常価格が15万円から、新規乗換価格が75,000円から。またアカデミック・ガバメント向けライセンスは同105,000円から、52,500円からとなる。

 新バージョンでは、不要なデータの社内混入を防ぐ「ダウンロードデータの容量制限機能」や、パスワードロック設定のないファイルの外部送信を禁止するといったルールを設定できる「パスワードロック判定機能」を新たに追加し、より柔軟なフィルタリングルールの設定が可能になった。また、「プロキシキャッシュ機能」を搭載することで、ネットワーク負荷の軽減を図っている。

http://www.canon-its.co.jp/company/news/20100120wg.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×