情報セキュリティトレーニング「SANS Training Tokyo-2010 Spring」を開催(SANS JAPAN) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

情報セキュリティトレーニング「SANS Training Tokyo-2010 Spring」を開催(SANS JAPAN)

 SANS JAPANは、2月15日〜20日の6日間、情報セキュリティに関するトレーニングプログラム「SANS Training Tokyo-2010 Spring」を開催する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 SANS JAPANは、2月15日〜20日の6日間、情報セキュリティに関するトレーニングプログラム「SANS Training Tokyo-2010 Spring」を開催する。

 プログラムは、SANSのコースの中で最もポピュラーな基礎コース「SANS Security Essentials Bootcamp Style(SEC401、日本語)」、SEC401を発展させた上級コース「Advanced Security Essentials-Enterprise Defender(SEC501、英語)」、SANSトレーニングの中でも最も技術的難易度の高いコースのひとつ「Network Penetration Testing and Ethical Hacking(SEC560、英語)」の3コース。

 定員は各50名(英語コースには英語版テキスト、同時通訳付き)。会場は東京・秋葉原UDX南ウィング6FのUDXカンファレンス。講義時間は9:30〜17:30(9:00開場、Bootcampは17:30〜19:15)。受講料は400,000円〜。なお、2月8日までの申込みには早期割引料金が適用される。

http://sans-japan.jp/spring10/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×