2010年セキュリティ予想を発表、ボットは引き続き猛威(BITDEFENDER) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

2010年セキュリティ予想を発表、ボットは引き続き猛威(BITDEFENDER)

 BITDEFENDERは1月7日、2010年のセキュリティ予想を発表した。これによると、ボットネットや悪意があるアプリケーション、ソーシャルネットワークマルウェアは2010年にも注意が必要な脅威であるが、2010年のサイバー犯罪のターゲットは、オペレーティングシステム、モバ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 BITDEFENDERは1月7日、2010年のセキュリティ予想を発表した。これによると、ボットネットや悪意があるアプリケーション、ソーシャルネットワークマルウェアは2010年にも注意が必要な脅威であるが、2010年のサイバー犯罪のターゲットは、オペレーティングシステム、モバイルデバイス、クラウドコンピューティングのようなエンタープライズ技術に向けられると予想している。

 同社の上級アンチスパム研究者であるCatalin Cosoi氏は、「ワーム「Conficker」が飛躍的に急増して2009年の3大脅威のひとつとなった。それ自身の危険性にとどまらず、その感染拡大のメカニズムやアンチウィルス製品の検出に対する優れた抵抗力は、今後出現するかもしれない破壊的なマルウェアタイプの基盤となるかも知れない。」と述べている。

http://www.bitdefender.jp/20091221.php
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×