2010年のセキュリティと脅威の動向予測を発表(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

2010年のセキュリティと脅威の動向予測を発表(フォーティネットジャパン)

 フォーティネットジャパン株式会社は1月6日、「2010年のセキュリティと脅威の動向予測」を発表した。発表によると、2010年は絶え間ない変化の年になると予測している。クラウド、ソーシャルメディア、仮想化技術の導入の促進によりネットワークの境界線があいまいにな

製品・サービス・業界動向 業界動向
 フォーティネットジャパン株式会社は1月6日、「2010年のセキュリティと脅威の動向予測」を発表した。発表によると、2010年は絶え間ない変化の年になると予測している。クラウド、ソーシャルメディア、仮想化技術の導入の促進によりネットワークの境界線があいまいになる一方で、ランサムウェアやCaaS(攻撃代行サービス)のようなサイバー犯罪の新しい手法が、疑うことを知らないユーザをおびき寄せ、多くの企業に脅威を与える。

 このような脅威に対し、セキュリティ体制は物理的な場所に縛られたアプローチから、データや情報を中心にしたセキュリティ設計に移行しなくてはならないとしている。また動向予測では、仮想化に対応したセキュリティや、情報中心のセキュリティが必要になること、クラウドベースのサービスが企業に多くのリスクと脆弱性を生じさせること、セキュリティデバイスに、より多くのネットワーク機能が盛り込まれるようになることなどを挙げている。

http://www.fortinet.co.jp/news/pr/2010/pr010610.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×