「SHA-2」対応の次世代ルート証明書をリリース(セコムトラストシステムズ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「SHA-2」対応の次世代ルート証明書をリリース(セコムトラストシステムズ)

 セコムトラストシステムズ株式会社は12月25日、SSLサーバ証明書の安全対策強化を目的に、次世代暗号技術のデファクトスタンダードとなる「SHA-2」ハッシュ関数アルゴリズムを採用したルート認証局を構築したと発表した。「SHA-2」ファミリー「SHA256」をサービス基盤と

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 セコムトラストシステムズ株式会社は12月25日、SSLサーバ証明書の安全対策強化を目的に、次世代暗号技術のデファクトスタンダードとなる「SHA-2」ハッシュ関数アルゴリズムを採用したルート認証局を構築したと発表した。「SHA-2」ファミリー「SHA256」をサービス基盤として採用することで、同社のSSLサーバ証明書「セコムパスポートfor Webシリーズ」の信頼性をさらに高め、証明書の普及によりインターネットの安全対策に貢献するとしている。

 同社はNISTや各アプリケーションの対応状況も鑑み、ドコモの2009年度冬春モデルを皮切りにPCや携帯/スマートフォンブラウザをはじめ、各種組込み機器に対して「SHA256」ハッシュ関数アルゴリズムを採用したルート証明書「Security Communication RootCA2」(鍵長2048ビット)を搭載することで安全な認証サービス基盤を確立、インターネットのさらなる安全を提供するという。

http://www.secomtrust.net/news/2009/1225.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×