2009年12月のマルウェアマンスリーレポートを発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

2009年12月のマルウェアマンスリーレポートを発表(カスペルスキー)

 カスペルスキーは1月4日、2009年12月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。最初のアクセスで検知・駆除されたマルウェア、アドウェアおよび潜在的に危険なプログラムのTOP20をリストアップしたランキングは比較的状況が安定しているが、「Packed.Win32.Krap

製品・サービス・業界動向 業界動向
 カスペルスキーは1月4日、2009年12月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。最初のアクセスで検知・駆除されたマルウェア、アドウェアおよび潜在的に危険なプログラムのTOP20をリストアップしたランキングは比較的状況が安定しているが、「Packed.Win32.Krap.ag」は11月に初めてランクインしたのち今回3ランク順位を上げて15位となっている。また、オンラインゲームにクイックアクセスできるツールバーに見せかけてインストールさせるプログラム「GamezTar.a」は、第6位にランクインした。

 2つめのランキングは、Webアンチウイルスコンポーネントの統計結果で、インターネットの状況を反映しているもの。1つめのランキングと比較すると、2つめのランキングでは変化が見られた。首位は「Gumblar.x」だが、このマルウェアに感染したWebサイトの感染駆除も進んでおり、12月のダウンロード試行回数は11月の4分の1まで減少した。1つめにランクインした「Krap.ag」は、今回2つめのランキングで8ランク順位を上げており、同プログラムによるダウンロード試行回数は先月比で50%増となっている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578796
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×