「韓国の2009年10大セキュリティ脅威」を発表(アンラボ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「韓国の2009年10大セキュリティ脅威」を発表(アンラボ)

 株式会社アンラボは12月25日、2009年のセキュリティ脅威を分析した「韓国の2009年10大セキュリティ脅威」を発表した。同社セキュリティ対応センターのチョ・シヘン常務は、「最近のセキュリティ脅威は知能犯であり、セキュリティ製品の検出を回避する高度な技法を使う

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社アンラボは12月25日、2009年のセキュリティ脅威を分析した「韓国の2009年10大セキュリティ脅威」を発表した。同社セキュリティ対応センターのチョ・シヘン常務は、「最近のセキュリティ脅威は知能犯であり、セキュリティ製品の検出を回避する高度な技法を使う。巧妙になる攻撃技法に対応するため、専門的で体系的なセキュリティ管理とサービスがますます重要になるだろう」と述べている。

 10大セキュリティ脅威には、「DDoSサイバーテロおよびDDoS攻撃を誘発する悪性コードの登場」「Web攻撃の知能化」「ソーシャルエンジニアリング技法を利用したスパムボット(SpamBot)の拡散」「「本体のない」悪性コードの発生」「汎用アプリケーションにおけるゼロデイ脆弱性の発見」「SNSおよびソーシャル メッセージ インフラを利用したフィッシング攻撃」などが選ばれている。

http://www.ahnlab.co.jp/company/press/news_release_view.asp?seq=4514&pageNo=1&news_gu=01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×