Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本) | ScanNetSecurity
2020.09.21(月)

Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本)

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は12月23日、不正改ざんにより停止していた同社ホームページについて、調査・確認が完了したことからサービスを再開したと発表した。これは、同社JR東日本ホームページ内キーワード検索ページが12月8日21時40分から12月21日23時55分

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は12月23日、不正改ざんにより停止していた同社ホームページについて、調査・確認が完了したことからサービスを再開したと発表した。これは、同社JR東日本ホームページ内キーワード検索ページが12月8日21時40分から12月21日23時55分まで、大人の休日倶楽部内の東京講座ページが12月18日11時00分から12月22日21時00分まで、改ざんされていたというもの。改ざんされたページには「Gumblar」亜種のウイルスが仕掛けられており、感染したPCではユーザの意図しないサイトへ誘導される可能性がある。


http://www.jreast.co.jp/apology/20091223_restart.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×