Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は12月23日、不正改ざんにより停止していた同社ホームページについて、調査・確認が完了したことからサービスを再開したと発表した。これは、同社JR東日本ホームページ内キーワード検索ページが12月8日21時40分から12月21日23時55分まで、大人の休日倶楽部内の東京講座ページが12月18日11時00分から12月22日21時00分まで、改ざんされていたというもの。改ざんされたページには「Gumblar」亜種のウイルスが仕掛けられており、感染したPCではユーザの意図しないサイトへ誘導される可能性がある。


http://www.jreast.co.jp/apology/20091223_restart.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×