Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

Webサイトが改ざん被害、アクセスでウイルス感染の可能性(JR東日本)

 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は12月23日、不正改ざんにより停止していた同社ホームページについて、調査・確認が完了したことからサービスを再開したと発表した。これは、同社JR東日本ホームページ内キーワード検索ページが12月8日21時40分から12月21日23時55分

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は12月23日、不正改ざんにより停止していた同社ホームページについて、調査・確認が完了したことからサービスを再開したと発表した。これは、同社JR東日本ホームページ内キーワード検索ページが12月8日21時40分から12月21日23時55分まで、大人の休日倶楽部内の東京講座ページが12月18日11時00分から12月22日21時00分まで、改ざんされていたというもの。改ざんされたページには「Gumblar」亜種のウイルスが仕掛けられており、感染したPCではユーザの意図しないサイトへ誘導される可能性がある。


http://www.jreast.co.jp/apology/20091223_restart.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×