通報処理件数[2009年9月]を発表(インターネット・ホットラインセンター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

通報処理件数[2009年9月]を発表(インターネット・ホットラインセンター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 インターネット・ホットラインセンターは12月15日、2009年9月の通報処理件数を発表した。これによると、2009年9月に寄せられた通報件数は12,438件で、ガイドラインを基準に分類すると、違法情報は国内2,498件、国外499件の合計2,997件、有害情報は国内189件、国外311件の合計500件となっている。違法情報では、「わいせつ物公然陳列」が1,483件(国内)と最も多かった。

 違法情報のうち、警察に通報した件数は2,454件、プロバイダなどへ連絡した件数は1,973件、海外ホットラインへ通報した件数は71件となっている。有害情報では、「違法行為を直接的かつ明示的に請負・仲介・誘引等する情報」が173件(国内)が最も多かった。有害情報のうち、プロバイダなどへ連絡した件数は151件となっている。

http://www.internethotline.jp/statistics/2009/stat200909.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×