メール誤送信対策ソフトウェアの最新版を発表、各種機能を総合的に提供(HDE) | ScanNetSecurity
2021.06.18(金)

メール誤送信対策ソフトウェアの最新版を発表、各種機能を総合的に提供(HDE)

 株式会社HDEは12月11日、Linux対応メール誤送信対策ソフトウェアの最新版「HDE Secure Mail FINAL」を2010年2月15日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社HDEは12月11日、Linux対応メール誤送信対策ソフトウェアの最新版「HDE Secure Mail FINAL」を2010年2月15日より販売開始すると発表した。

 本製品は、これまで製品ごとに提供してきた各種メールセキュリティ機能を統合し、総合的な導入と運用を実現する統合版アウトバウンドメールセキュリティ製品。搭載している機能は、誤送信対策に有効な送信メールの一時保留機能、添付ファイルのZIP暗号化機能、添付ファイル付きメールのWebダウンロード機能、大容量ファイルのWeb転送機能などで、宛先間違いやうっかりミスによる情報漏えいを防止する。

 対応OSはRed Hat Enterprise Linux 5 Server for x86/x86_64。価格はライセンス制で、100ユーザ利用で1,050,000〜。年間サポート料は製品価格の15%。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200912110
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×